住宅ローンに縛られた暮らし

主人29歳、私24歳の時に少々無謀な住宅ローンを組んだ。当時は共働きで子供もいなかったし無理なく返済して貯蓄もできていた。しかし時は流れ現在主人39歳、私34歳専業主婦、子供3人。住宅ローン残り25年。なんだかなぁ…。

昨年主人が昇給したが、出された条件に「転勤」があった。いますぐに、というわけではないけれど住宅ローンの残っている家を置いて主人だけ単身赴任というのは、あまりにも悲しすぎる。賃貸ならこんな迷いはなかったはずだ。

とっとと繰り上げ返済を、とも思うが我が家の優先順位はやはり教育費だ。男の子ばかり3人。正直いくら貯めても不安が付きまとう。頑張って貯めた教育資金で先に繰り上げ返済したとたん、主人が事故をしたり、ケガをしたり、死んでしまったり。そんなことになったら本末転倒だ。

しかし若いときの勢いでやや身分不相応な家を建ててしまった事は事実だ。でもそこを悔やんでいても仕方がない。払わなければいけないものだし、頑張って払うといつかは終わるのだ。あと25年。子供たちが3人とも巣立つのは少なくとも15年後になる。巣立った後、残りの住宅ローンを一括で払い終えれるように教育資金と並行して貯めていこうと思う。

住宅ローンに縛られ少々我慢を強いられる生活をしているが、それはそれで幸せな事なのだと思う。素敵なマイホームを建てそれの為に一生懸命働く。当たり前のことだ。末っ子がもう少し大きくなったら私も働こう。住宅ローンと家族の笑顔の為に。


家族のために組んだ住宅ローン