パートをしている主婦よりも専業主婦の借入が厳しい理由

主婦で家計を預かっている人の中には、今月の生活費が足らなかったり、入院費、治療費、出産祝いなど急な出費でお金が少し足りないからお金を借りたいと思っている人もいるでしょう。

両親や義両親に相談できたり、貯金を崩してまかなえればいいのですが、そうもいかない場合もあります。主婦でパートやアルバイトをしている人、いわゆるパート主婦であれば、問題なくカードローンなどによる借り入れが可能です。

パートやアルバイトでも収入手段を持っていれば、ほとんどのカードローンが融資をしてくれます。消費者金融の中には主婦パートやアルバイトへの貸し出しに積極的な所もあるくらいです。大手でいえば、プロミス、アコム、モビットなどがあります。

ただし問題になるのが、無職の専業主婦のケースです。専業主婦は自分での収入がありません。そうなると、借入審査はどうしても厳しくなります。

特に消費者金融のような貸金業者の場合、総量規制に基づく融資がルールづけられています。総量規制とは、借り入れを希望する人の年収の1/3を上限として貸し出す規制です。

専業主婦は年収ゼロですから、借り入れもゼロになってしまいます。厳密に言えば、配偶者貸付と言って、専業主婦でも借りられるルールはあります。配偶者貸付とは、配偶者が仕事をしていて収入を得ている場合、配偶者の年収の1/3までなら夫婦に貸し付けできる制度です。

しかし配偶者貸付を利用するとなると、夫婦であることを証明する住民票や戸籍抄本などの書類、旦那さんの収入を証明する書類、例えば源泉徴収票、所得証明書などを準備しないといけませんし、奥さんが借り入れをすることに同意しているという書面を用意しないといけません。そうなると手続きが面倒です。

消費者金融も効率的ではないと判断して、全く仕事をしていない専業主婦を融資の対象外としている所も多いです。

特に大手のアコムやプロミスなどの消費者金融では、専業主婦には貸し出しをしない方針をとっている所がほとんどです。配偶者貸付を行っている業者は、セディナのキャッシングサービス、レディースフタバ、ベルーナノーティスなど数社のみです。

専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンを活用しよう

専業主婦の方はお金を借りることができないかと言えば、チャンスはあります。それは銀行カードローンを利用する方法です。銀行は貸金業者ではないので、先ほど紹介した総量規制の適用を受けません。

つまり年収の1/3以上の借り入れもできるわけです。専業主婦に対しても、貸し出しを行っている銀行カードローンはあります。しかも旦那さんの収入などを証明する必要もありません。

専業主婦の身分を証明する運転免許証やパスポートがあれば借り入れは可能です。旦那さんや他の家族に知られることなく内緒で借入ができます。

みずほMy Wingのわたし応援ローンや三菱UFJ銀行が作ったネット専用銀行のじぶん銀行カードローン、イオン銀行カードローンBIG、楽天銀行のスーパーローンは専業主婦の方でも借り入れできるローンです。

借入枠はだいたい30万円が限度額という所が多い中で、楽天スーパーローンは専業主婦でも借入枠が最高50万円まで、ネットで申し込みも完結し、楽天銀行口座があれば24時間借入返済も可能、さらに利用ごとに楽天スーパーポイントまでつくという、主婦にうれしい特典がいっぱいです。

イオン銀行カードローンBIGも借入枠を最高50万円に設定できます。これらを利用できればまとまった資金の融資がしてもらえるわけです。

ただし、すでに銀行キャッシュカードを持っている場合は即日融資可能であることが多いですが、カード発行までに1週間を要する所もあるので確認してください。

詳しくい内容は「即日融資は主婦でも借りれるのか?」のほうでも解説されています。

補足ですが、返済が滞ってしまうと、借り入れ先から自宅に郵便物が届いたり電話がかかってくる可能性もあるので、旦那さんや子供に知られてしまう心配がありますので注意が必要です。

また、妻が消費者金融や銀行から借り入れをすると住宅ローンの審査に影響があるのではないかとよく言われていますが、住宅ローンを主人名義で組めば問題はありません。ただし妻が連帯保証人になった場合などは、借り入れ中であれば住宅ローン審査に影響があるといわれています。

ママ友達同士のお金の貸し借りは辞めよう

ママたち同士でのお金の貸し借りで悩んで掲示板に書き込んでいる方も多数います。借金を返してもらえないという悩み以外にも、お金を貸していることを他のママさんたちへ言いふらされたりなどもあるようです。

保育園に預けている赤ちゃんを迎えにいった母親達の間で一気に情報が広まり、周りから避けられて悩んでいる方もいらっしゃいました。

「妊娠中なのに親友とのお金の貸し借りですごいストレスで苦しんでいます」と、とても心配になる書き込みをしていた妊婦さんもいらっしゃいました。

仲良しの友人同士のお金の貸し借りだと、特別な借用書も利息も必要ないのかもしれませんが、それ以上に友達関係が壊れるリスクのほうが高いので、誰にもバレない形で銀行カードローンを活用することをオススメします。

六年前に都内4千万円のマンションを購入しました。 子供二人、四人家族です。 夫は...


主人29歳、私24歳の時に少々無謀な住宅ローンを組んだ。当時は共働きで子供もいな...


結婚してから10年ほどは賃貸アパートに住んでいました。 5階建てのエレーベターな...


私は現36歳の主婦です。昼間はパート勤務をしています。子どもが三人おり、小学生と...